デザインの違い

結婚指輪のタイプは様々な物がありますが、人気のリングは一体どういう形の物でしょうか。
ゴージャスに多くの宝石を散りばめたリングや、個性的なデザインのリングが人気がありそうに見えますが、実はプラチナにダイヤを一粒あしらったようなシンプルなリングが人気です。
結婚指輪は末永く、しかも日常的に身に付けるアクセサリーのため、派手で華美なデザインよりも落ち着いたデザインが好まれる傾向にあります。
有名ブランドの取り扱う指輪の中でも、年齢を選ばないクラシカルなデザインは定番で、長く続く結婚生活を象徴しているかのようです。
また、ペアでリングを付けるため装飾性を抑えたリングは男性にも好まれます。
材質も傷がつかない錆びにくい物が理想的です。

結婚指輪を選ぶときには、まずアームのデザインを決めておくとイメージが湧きやすいです。
アームのデザインには、定番のストレートから、ゆるやかなウェーブのS字、V字やX字などのタイプがあります。
また細めは女性的な繊細さを、太目は男性的な力強さを強調します。
材質はプラチナとゴールドが人気で、特にプラチナは熱に強く変色しにくい事から結婚生活が長く続くことを象徴していると考えられています。
ゴールドには配合する金属を変える事で、ピンクやイエローなどの個性的なリングが生まれるため、個性的なデザインにはぴったりです。
宝石のセッティングは、アームから出た爪が宝石を掲げるタイプが最も宝石を美しく見せます。
普段使いをする場合は、埋め込みタイプを選ぶと生活に支障が出ません。